人事の勤務状況・勤務時間は?

人事求人サイトランキング TOP >> 人事求人探しでよくある質問 >> 人事の勤務状況・勤務時間は?

人事の勤務状況・勤務時間は?

一般的に社内勤務の仕事は定時で帰宅できるというイメージがあります。しかし、会社の規模や経営状況によってはこのようなイメージは該当しません。人事の勤務状況と勤務時間について面接の時に確認する人がいますが、就職前から残業時間を気にしていると心証が良くありません。残業なしの職場を探している以外では、勤務時間の質問はタブーです。

人事の勤務状況と勤務時間については具体的な状況や時間を提示することはできません。業務の内容は企業の規模、スタッフの人数、セクションの数によってケースバイケースだからです。しかし、共通していることは、経理部門や人事部門は常に多忙を極める職場であるということです。新人であってもベテラン社員であっても忙しさに違いはありません。また、勤務日数は定時帰宅の日より、残業が必要な日の方が多い、というのが一般的です。穏やかに過ごせる日は給与支給日と賞与支給日くらいしかないと考えた方がよいでしょう。

人事の勤務状況と勤務時間について、年間のスケジュールから確認をすると、新年早々から採用試験に向けての準備が始まります。会社訪問や説明会が前年の夏ぐらいから始まることを考えると、通年を通して採用活動のスケジュールは常に埋まっている状態といえます。新入社員以外でも、中途採用や派遣社員の手配が発生することもあります。新入社員の採用と同様に求人広告の手配、書類選考、面接など複数のステップが必要です。

採用業務ばかりが人事の仕事ではないので、この業務の合間にも大切な業務が山のようにあります。年度替わりには、事業戦略によっては社員の異動があります。企業の規模が大きければ異動する人数も多いため手続きにかかる時間が増えることになります。その上、昇進があればその手続きもあります。春先の煩雑な手続きが一段落すると、会社によっては株主総会の準備があります。その間に賞与の査定もしなければなりません。

また、このような業務以外に雑事は発生します。また、キャリアアップのための知識の修得や資格試験のための勉強も奨励されています。時間はいくらあっても足りないと感じる職場のひとつです。

このように人事の勤務状況と勤務時間についての詳細は、就職試験を受けるようなことでもない限り知ることが難しいです。社内勤務だからというイメージだけで応募してしまうと後悔することもあります。忙しくて残業の多い職場ですが、地に足をつけて業務の遂行をすれば得るものは多いです。

人事関連の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細





▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 人事求人サイトランキング【※人事の転職成功のコツも紹介】 All Rights Reserved.