人事のキャリアパスは?

人事求人サイトランキング TOP >> 人事求人探しでよくある質問 >> 人事のキャリアパスは?

人事のキャリアパスは?

キャリアパスはひとことで言ってしまうと人材育成制度のことです。せっかく入社したからには段階を経てキャリアアップしなければもったいないです。そのためには、多くの業務経験が必要です。企業や業種によって条件やレベルに違いはありますが、担当業務の種類、業務経験期間、習熟度によって得られるポストについて明文化されています。キャリアアップの方向性を見誤ることが少なくなり、確実に業務を遂行しやすくなります。

実際に人事のキャリアパス制度を導入・実践する企業が増えています。企業側が制度を導入することで、社員はどのようなスキルを身につければよいのか、どのような能力が求められているのかを明確に知ることができるため、日々の業務に対する張り合いをもつことができ、高いモチベーションを維持しやすくなります。たとえば、専門職として熟練していると認定されるまでのステップやパターンが分かるので、最終的なゴールを目指しやすいというメリットがあります。

人事のキャリアパス制度では、まず入社後数週間から数か月間は研修期間となります。その後、セクションが細分化されている企業では、採用のアシスタントとして先輩の補助業務につきます。セクションが無い企業では、全ての業務のアシスタントを行ない、業務の大まかな内容の把握をする期間となります。アシスタントの期間は3年前後です。

数年のアシスタント期間に得意な業務を見つけて、スペシャリストとなるために専門知識を集中的に勉強します。一般的に5年から6年の経験の後、主任クラスへのキャリアアップを図ります。たとえば採用担当であれば、採用のための戦略プランを策定したり、現場の責任者的な立場を取れるようになります。社内研修コースの開発、研修カリキュラムの作成などの担当も行います。会社全体を考えた業務の効率化などについての提案ができる立場にもなります。

更に経験を積み、課長クラスにステップアップするとセクションの業務全体のマネジメントを行ないます。このレベルになると採用や教育に関しては既にスペシャリストの域に達しているのが条件です。さらにステップアップをして部長クラスになれば、グループ全体の統括責任者となり、会社の経営戦略にも関わるようになります。

人事のキャリアパス制度の一例にすぎませんが、このように就業年数によって担当できる業務の幅が拡がり、責任も増えてゆくというシステムが確立している企業は将来設計を立てやすいという特徴があります。このような理由から、キャリアパスシステムが確立されている企業ほど就職希望者が集まりやすいという傾向にあります。

人事関連の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細





▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 人事求人サイトランキング【※人事の転職成功のコツも紹介】 All Rights Reserved.