人事事務の求人

人事求人サイトランキング TOP >> 条件別の人事求人探し >> 人事事務の求人

人事事務の求人

企業を運営するためには様々な部署があり、多くの仕事をする社員が存在しています。その中でも人事の仕事は幅広くあります。たとえば1000人以上の社員を抱えているような大企業などは、人事部は独立していることが多くなっています。しかしその他の企業では総務部と兼任していることが多く、業務の範囲もそれだけ幅広いといえます。

人事事務の求人に応募するときには、このような事情を知っておくと納得できる職場を見つけることができます。たとえば社員の採用をはじめ、解雇・退職、評価が主な業務と考えていることが多いですが、健康診断、福利厚生手続き、セミナーの開催・教育、各種保険の手続きなどの事務業務が主な仕事です。人事事務の求人では、社員に関する全て事務手続きを行なえる要員を求めています。

必要なスキルとしては、まず、人事事務の求人をしている企業が採用しているソフトウェアを理解して操作できる知識があることが求められます。また、雇用保険、厚生年金、健康保険などの各種保険の手続きには専門知識が必要ですから、社会保険労務士の資格を持っていると就職に有利になります。社員研修などは、テーマによっては講師として駆り出されることもあり、表現力、理解力、コミュニケーション力が採用の条件となることもあります。

そして、ほぼすべての社員と接する機会が多いため、良好なコミュニケーションを取ることができる能力があることが必要とされます。事務職は黙々と仕事をこなしていればよいというものではありません。人と接するのが苦手、話し下手、著しく愛想が悪いなどの場合には、面接で落とされることもあります。逆に愛想が良すぎても機密保持ができない心配があると判断され、信頼性でマイナス評価となることがあるため、ほどほどが大切です。

通常、人事の仕事は会社との信頼性が大切なため、未経験や新人が配属されることはあまりありません。仕事の内容には、社員の評価、昇進、解雇、給与、賞与、源泉徴収や年末調整の手続きなど個人のデータに関する詳細なデータの取り扱いも含まれています。業務によっては部内の人間に対しても社外秘の機密事項の取り扱いがあります。そのため、人事事務の求人によって採用された場合には、最初の数年間は、社外秘に直接関わらない事務や雑務の担当を任させることがほとんどです。美観管理、オフィス内の機器管理などの総務事務の担当となることもあります。責任のある仕事の担当になるのは、職場での経験を積んで信頼が厚くなってからとというのが一般的です。

人事事務の求人にも強い!オススメ転職サイトはこちら

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細





▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 人事求人サイトランキング【※人事の転職成功のコツも紹介】 All Rights Reserved.