人事の管理職・マネージャー職

人事求人サイトランキング TOP >> 条件別の人事求人探し >> 人事の管理職・マネージャー職

人事の管理職・マネージャー職

人事の管理職・マネージャー職の仕事に求められる最も重要なポイントはコミュニケーション力です。多くの企業はピラミッド型の組織経営を行なっています。大まかにはトップの経営者、ついで経営陣、そして管理職、社員と人数が増えてゆきます。経営理念や経営戦略の通達もこのようなルートを経て行なわれてきました。そのため、多くの社員は経営者や経営陣がどのような人たちなのかを知らないこともあります。

ところが、近年になって企業をとりまく環境が変化をし、組織の形に変化が生じています。経営組織がピラミッド型からフラット型に移行しつつあります。企業の幹部と一般社員との関係もフラット化によって意志疎通がはかりやすくなっています。また、企業の組織のフラット化によって、社内の情報が一瞬にして組織の隅々まで伝わるようになりました。一瞬で社内の情報が通達できるということは、極端な言い方をすれば組織化していなくても特に支障がないという事ともいえます。

社内での情報の共有が行ないやすくなった一方で、管理職に必要とされる資質としては、部下に対して伝達された社内情報の内容を、部下が正しく理解できるように配慮することが求められるようになりました。従来型の企業においては、コミュニケーション力は指示や命令を的確に行なえれば事足りていました。しかし、フラット型への移行によって、上司と部下の関係は育成を主とした協調型へと変化しています。

人事の管理職・マネージャー職の仕事においても同様のことがあります。それまで、部下に対して指示さえ送っていればよかったのですが、円滑に企業経営を行なうためには部下とのコミュニケーションがなければ戦略を成功させることはできません。

しかし、古い経営体質を引きずっている企業の人事部をはじめとする各部門の管理職・マネージャー職などは、上からの押し付け型の業務を行なっています。それとは別に若い社員の多くは公私をはっきりと分ける傾向にあり、残業をしない、自分の業務以外のことには関わらないなどを応募の際に条件として主張する人もいます。この相反する状況に対して上手く折り合いをつけることも手腕のひとつです。

人事の管理職・マネージャー職の仕事に応募するには、このような現状を見定めた上で、どのような人物像を企業が求めているのかを知ることが必要です。どのような企業でも経営をしているのは人と言うことに変わりはありません。そのため、経営を円滑に行なうためにはコミュニケーションを筋道を立てて行える能力があった方が成功しやすいことは間違いないといえます。

人事の管理職・マネージャー職の求人をお探しなら!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細





▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 人事求人サイトランキング【※人事の転職成功のコツも紹介】 All Rights Reserved.