大手企業・一部上場の人事の求人

人事求人サイトランキング TOP >> 条件別の人事求人探し >> 大手企業・一部上場の人事の求人

大手企業・一部上場の人事の求人

人事の仕事の内容はひとくちにいえば全ての社員の管理業務ですが、詳細な内容を見ると一般に考えられているよりずっと幅広いです。例をあげると、社員の異動、退職、休職に関する管理、新規採用活動、福利厚生業務、労務、社員教育などです。また、就業規則の制定や社員の評価規定の制定にも関わります。企業によっては総務を兼任していることも多く、社会保険関連の手続き業務や給与の計算、年末調整などの業務も行っています。そして、基本は経営側に立った業務を行なうということにあります。

このような幅広い業務がありますが、企業の規模によってはセクションが細分化されていて業務の分担化がはっきりと決められていることもあります。大手企業・一部上場の人事の求人では、企業の紹介を見るとリクルーティングや社内研修などはアウトソーシングなどを利用していることが多くなっています。そのため、必要な人材の情報や業務の内容を確認して応募することが大切です。

転職で大手企業・一部上場の人事の求人に応募するには他社での経験が重要視されます。面接担当者は少なくとも2年以上のキャリアを積んでいることが相応しいと考えています。特に、転職で大手企業・一部上場の人事の求人では多くのキャリアを必要とはしていません。セクションが細分化されていることが多いのため、エキスパートとしての技量や知識、意欲を持っていることが大切とされます。

このようなことから、新卒や未経験で転職で大手企業・一部上場の人事の求人で採用されることは難しいですが、第二新卒なら未経験よりは可能性はあります。アシスタント的な初歩の仕事からキャリアを積めば、エキスパートに成長することができます。

大手企業・一部上場の人事の求人に応募したいと考えていても不向きな人がいます。たとえ、ソフトウェアの操作に長けていても、社会労務士の資格を持っていても、実際の仕事として生かすことができなければ無駄になってしまいます。慎重さと緻密さをもちコツコツと積み重ねる性格が必要とされる反面、多くの人とのコミュニケーション力も必要です。たとえば、苦手なタイプの人とでも厭わずにコミュニケーションがとれなければ仕事になりません。

生産性がある仕事ではないので、表立って仕事の評価をされる職業でもありません。そのため、仕事の成果を数値や成果物として確認をしなければ気が済まない人には向いていない職場です。応募する前に、自分の性格が仕事に合っているかを確認することも大切です。

大手・一部上場企業の人事関連求人を探すならコチラ!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細





▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 人事求人サイトランキング【※人事の転職成功のコツも紹介】 All Rights Reserved.