英語を活かせる人事の求人

人事求人サイトランキング TOP >> 条件別の人事求人探し >> 英語を活かせる人事の求人

英語を活かせる人事の求人

グローバル化が進む現代では、英語を活かせる人事の仕事を探すことはさほど難しいことではありません。むしろ、国内の企業であっても語学に堪能であることは勤務条件のひとつとなってきています。もはや語学力は特別な能力ではなく、必要な能力となりつつあります。

得意な英語を活かせる人事の仕事を探すには、多国籍の社員がいる職場か外資系の職場が考えられます。社内の公用語に英語を活用している企業もあります。ただ、営業の仕事とは異なり、ほぼ社内での業務となることから、英語を利用する機会は社員に対してのみのケースがほとんどです。

かつては英語で社内メールを送受信できる程度で充分とされていました。しかし、社員とのコミュニケーションの会話能力を最低ラインの条件にかかげている企業もあり、英語で行なわれる面接試験時の受け答えの状況によっては、自分に自信があっても不適格されることがあります。英語力の世界的な基準として、TOEICの点数が利用されていましたが、コミュニケーション能力を測ることが難しいことからTOFULの点数を応募の条件する企業も増えています。英語を活かせる人事の仕事を探すには、必要とされる試験を受けて合格ラインに達していると有利です。

しかし、人事の仕事は英語さえできれば良いというのではありません。企業の経営戦略を理解して忠実に実行できることが必要です。ビジネス用語や業種の専門用語の理解力も必要です。経営戦略の理解が不十分では、経営者の理念の実行をすることはできません。日本語以外の言語での考え方を理解できる能力がなければ、就職することは難しいです。ビジネスや企業にとって必要とされる知識や資格を持っているとアピールをすることができます。

さらに、社員の国籍が複数の場合には、それぞれの考え方や能力の判断基準が異なります。このような点について理解をして、的確な人材の配置ができなけれはなりません。単に英語ができるだけでは勤務することが難しい職場です。

人材の配属以外にも、企業によっては対社外とのビジネス文書のやり取り、法務関連の文書の理解などが必要となります。もちろん、企業が採用しているパソコンのソフトウェアに対しての操作能力も必要です。ソフトウェアの仕様が外国語になっていることもあるため、そのための理解力も求められます。コミュニケーション力はあくまでも前提で、ビジネスに関しての語学力と判断力も問われる職場が多いことを理解すると、英語を活かせる人事の仕事を探すのに苦労することはありません。

英語を活かせる人事関連職に就こう!オススメ転職サイト

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細





▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 人事求人サイトランキング【※人事の転職成功のコツも紹介】 All Rights Reserved.